現在の自動車の免許には、オートマ車限定免許と、マニュアル車を主とした運転が可能な免許証の2つの種類があります。


これらのどちらを取るかにより教習の内容などが変わる事になります。オートマ車限定免許の場合は、マニュアル車の自動車を利用しての教習は行われません。
これは、普通の教習所での免許取得の方法と合宿免許の場合も同じ事が言えます。



合宿免許は、教習所で行う教習を、短期間で集中的に行うというもので、短期間での免許の取得が必要な人や、短い期間の中で免許証が欲しい人などが利用する事が多い方法です。

合宿免許は、宿泊をしながら免許を取るための教習を受ける事になる事からも、このような呼び方がされています。


マニュアル車とオートマ車の合宿免許は大体2週間前後の日程で行われる事が多いのが特徴です。

入校し、約14日から15日ほどの期間で免許証を貰う事が可能になります。
合宿免許は、朝食が終了すると、お昼休みまでの間4時限の授業が行われます。

午後は、5時限目から10時限目までの5時限の授業が行われ、夕食となりますので、ほぼ1日かけての授業が行われる事になります。

学割がある免許合宿といえば情報満載のサイトがたくさんあります。

但し、全ての授業に出ると言う事ではなく、決められた時間数の授業を受けて行けば良い事になります。
そのため、1日に学科が2時限、教習が2時限と言う具合になっていますので、空きの時間も当然出て来る事になります。


空いている時間は、自分で好きな事に利用する事が可能であり、1日中車の免許を取得するために、学科や教習の授業が行われるものではありません。



但し、日数が短くなる合宿免許では、それだけ短期間で免許証が発行されることになりますので、授業も過密な計画になっていきます。

この事からも、合宿免許を利用する場合は、自分に合った授業が行われるものを選んでおいた方が良いと言う事になります。

短期間で行えば、授業は過密になりますが、免許を取得出来る期間も短くなると言うことです。

Copyright (C) 2015 現在の合宿免許はどのようなものか All Rights Reserved.